Doorkeeper

顧客起点アイデアの作り方

2022-08-27(土)21:00 - 23:00 JST
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。

詳細

・ユーザーや顧客の声からアイデアを作りたい
・リソースを気にして発想を広げられない
・ニーズを満たすプロダクトを考案したい

 そんな想いをお持ちの皆様に向け顧客起点のアイデア発想法を実践形式で学ぶ機会をオンライン(Zoom)にてお届けさせていただきます。本来は二日間に亘って新規事業開発を行うプログラムではあるものの、その全体像を圧縮しエッセンスのみを共有いたします。

顧客起点のアイデア発想法とは?

 自分自身を突き詰めて愛や願いを炙り出し、それらを叶えるプロダクトを考案する手法とは真逆のアプローチで、顧客を理解して痛みや課題を見つけ出し、それらを解決するプロダクトを考案する方法論です。自分起点のアイデア発想法がアートの領域に属するのに対し、顧客起点のアイデア発想法はデザインの領域に属します。


customer.jpg

①顧客の理解
観察や問いを通じて顧客の痛みを発見します。

②課題の定義
解決すべき課題を選定します。

③解決の模索
課題を解決するに相応しい道を探します。

④起点の創造
制限された始まりの一手を作ります。

⑤対話と学習
想定する顧客と向き合い学びを得ます。

※上記プロセスは一例です。


・独りよがりな考え方を改めたい
・新規事業を考える方法論を増やしたい
・人に求められるモノを生み出したい

そんな想いをお持ちの皆様は、是非に本会をご活用いただければ幸いです。

ファシリテーター Facilitator

中本 卓利(Nakamoto Takuto)

特定非営利活動法人StartupWeekend 理事
一般社団法人ベンチャー投資育成研究会 理事
一般社団法人ベンチャー型事業承継 エヴァンジェリスト
株式会社ソレクティブ Community Manager

takuto.jpg

起業家向けコワーキングやインキュベーション施設のディレクターを経てStartupWeekendに参画。短期間でアイデアを検証するプロとして全国で事業開発支援を手掛けている。またスタートアップを志す仲間が集うFounder's Circleにてコミュニティマネージャーを兼任。加えアトツギベンチャー輩出を後押しすべく、家業の経営資源を活かした事業開発講座も展開。活動は多岐に亘り、トップフリーランスと企業を繋ぐ審査制プラットフォームSollectiveにてコミュニティマネージャーをも務めている。

オーガナイザー Organizer

黒沢 裕介

医療機器メーカー
kuro.png
2022年に入社した医療機器メーカーで滅菌医療機器開発業務を担当。これまで、2009年にきのこ種菌メーカーへ入社。品種・商品開発、技術講師を勤め、ブランディング、食育活動、経営企画、社内ベンチャーの企画開発にも携わる。公立中学校臨時教員を経て、2014年から2021年まで医療機器メーカー2社で、主に微生物試験や滅菌工程設計開発業務に従事し、その後転職。プライベートでは、2012年に農林水産省「新事業創出人材育成プログラム事業」のビジネスコンテストでプレゼンターを務め、最優秀賞を受賞。プレゼンテーション講座や有志勉強会の主宰。これまでStartupWeekend(沼津・三島)に参加。

田家 南奈

nana.jpg
大阪府出身。2020年自動車メーカーに入社し、モビリティ関係の企画、制御、製作など幅広く担当。とりあえずやってみるの精神で、やりたい事があればすぐ行動。21年7月にSW浜松に初参戦後、浜松や伊勢でオーガナイザーを経験。特技はお経が読めること。

三谷 真由

東京薬科大学
mitani.jpg
町田市在住。大学5年生。スタートアップウィークエンドは2回経験の若輩者ですが、なるべく色んな方のお手伝いが出来たらなと思います。気軽に大学生の方はもちろん大人の方も話しかけて頂けると嬉しいです。

過去参加者の声

・誰にとって良いのかを考える良いきっかけになりました!(20代男性 大学生)

・目から鱗でした!No market needsに陥らないよう顧客の課題を定義、そして顧客の定義をしっかりとやっていきます!(30代女性 ディレクター)

・起業は自分本位だと厳しいと気付けて良かったです。これからも頑張ります!(30代男性 エンジニア)

・アイディアの発散・収束を繰り返し繰り返し行うスピード感が付けられたと思います。中本さんのファシリ、流石です!(30代女性 マーケター)

・課題に欠かせない時間、金銭、頻度といったワードを大切に製品やサービス創出を進めていきます!(20代男性 PM)

・日々の何気ないネガティブなことがサービス創造に繋がることを実感しました!日々の生活でもアンテナを巡らせて、今後に活かしていきます!(30代男性 総務)

・中本さんの解説が分かり易過ぎて、アイディアの出し方や進め方も再現できそうに感じました✨これからに活かしてみます!(30代女性 UIUXデザイナー)

・油断するとつい「今ここにあるコレをいかにしてお金に替えるか」に流れてしまうので「顧客ありき、課題ありき」に引き戻すのは凄く良いですね!(30代男性 カスタマーサクセス)

過去開催時の様子(オフライン)

work1.jpg

備考

本イベントはアイデアをカタチにする「StartupWeekend多摩」のプレイベントとなります。詳細は近日中に公開いたしますのでもう少々お待ちいただければ幸いです。
tama.jpg

StartupWeekend

Startup Weekendは、週末の3日間を利用してアイデアを形にするための方法論を学ぶ、スタートアップ体験イベントです。このワークショップは2009年に米国で始まり、これまで1,800都市で7,000回以上にわたって実施されてきました。Startup Weekendは初日の夜、参加者のアイデアの発表から始まります。そしてチームを組み三日目の夕方までに必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。

gsb.jpg

スポンサー

開催にあたり、以下のスポンサー様からご支援をいただいております。

弥生株式会社 様

yayoi.jpg

コミュニティについて

Startup Weekend 多摩

Startup Weekend 多摩

Startup Weekend 多摩(東京都・多摩地区)コミュニティです。 Startup Weekend(スタートアップ・ウィークエンド)は、全世界で7,000回以上開催され、世界中で50万人以上が参加しているスタートアップ体験の名前であり、金曜日の夜から日曜日までの週末で仲間づくりをしながらプロトタイプを作り仮説検証を回し続けます。そして挑戦する人達が集い、支援するコミュニティの名前でも...

メンバーになる